ストレッチ・整体ならナチュラルボディ

ストレッチ・整体ならナチュラルボディ

特集

Special《特集》

長時間のパソコンやスマートフォンの使用により、ストレートネックでお悩みの方が増えています。
このページではストレートネックについてお知らせしております。
気になる方はお気軽に店舗までお越しください。

ストレートネックとは

みなさんは『ストレートネック』という言葉を聞いたことはありますか?

『ストレートネック』とは、うつむきの姿勢を長時間続けることにより、首の生理的なカーブが失われ、首の骨『頚椎』がまっすぐになってしまうという症状のことを指します。

通常、健康なヒトの頚椎には30度〜40度のゆるやかなカーブがあり、一般的にはこのカーブが30度より小さくなってしまう状態を『ストレートネック』とよんでいます。
病気ではありませんが、この『ストレートネック』の状態になってしまうと、首や肩の慢性的な疲れや痛み、コリだけではなく、体全体の不調にもつながってしまうと言われています。

本来の健康な首に備わった自然なカーブは、足元からの衝撃を和らげ、また、成人では約5kgもあると言われている頭を支える役割をもっています。

この自然なカーブが失われ、『ストレートネック』の状態になってしまうと、首や肩の筋肉にとても負担がかかります。

この『ストレートネック』にはいくつかの原因があると言われていますが、その中でも最近、急激に普及したあるものが原因になった『ストレートネック』が増えてきています。
『ストレートネック』の原因とは何でしょうか?
また、急激に普及した「あるもの」とは何でしょうか?心当たりはありますか?

ストレートネックの原因

『ストレートネック』にはいくつかの原因が考えられていますが、最近では爆発的に普及した「スマートフォン・タブレット」が
『ストレートネック』の原因のひとつと言われています。

スマートフォンやタブレットに夢中になり、ついつい画面にかじりつくようにして長時間過ごしてしまうことはありませんか?

動画や音楽、インターネットなどのコンテンツを楽しむことは、もちろん心のストレス解消になりますが、スマートフォンやタブレットを使っているときの「うつむいた姿勢」が、実は首に大きな負担をかけていると言われています。
体の中心に対してまっすぐ前を向き、首の角度が0度のとき、首にかかる負担は約4〜5kgなのに対して、
顔をうつむきの姿勢にし、首の角度が30度程度になると、首にかかる負担は通常の約5倍、およそ20kgにもなると言われています。

special_sn_img01

また、例えば電車などで寝てしまったときなど、首を大きく下に垂らした姿勢にし、首の角度が60度程度になると、首にかかる負担も通常の約7倍のおよそ30kgと、大きく増加します。

このように、慢性的なうつむき姿勢をとることが、『ストレートネック』が近年急増する原因のひとつと言われています。
『スマホ首』という呼び方もあります。

また、他にも、
・スポーツや楽器演奏などで特殊な姿勢を慢性的に続ける
・ケガや加齢により、理想的な姿勢を続けることができない
などの原因が考えられています。

スマートフォンやタブレットは、今や日常生活に欠かせないものの一つです。
また、姿勢にも気をつけていても、知らずしらずのうちにバランスが崩れてしまいますよね。
だからこそ、体に大きな悪影響が出てくる前に、定期的なケアが必要になります。

ストレートネックのタイプいろいろ

ひとことで『ストレートネック』といっても、様々なタイプがあるのをご存知でしたか?
そのタイプによって、ケア方法も様々です。

1.姿勢タイプ

special_sn_img02

背中が丸くなってしまう「猫背」や、傾いたり捻れたりする「不良姿勢」に起因した、
一般的に最も多い『ストレートネック』のタイプの一つです。
このタイプは、姿勢が悪くなるとともに、顎が前に突き出た「頭部前方突出姿勢」となり、首がまっすぐの状態になってしまいます。
また、背中が丸まっている自覚がなくても、肩が前方に丸まった「肩巻き猫背」とよばれる隠れ猫背のタイプも多いので要注意。

2.骨盤タイプ

special_sn_img03

骨盤や股関節に歪みがある方では、その歪みを補うために全身のバランスが変わります。
特に骨盤が前傾しているタイプが多く、骨盤からつながる背骨、首の骨への影響が大きいと言われています。

3.足元タイプ

特に高いヒールを履く女性に多いお悩みでもあり、足の親指が内側に曲がり痛みが生じる「外反母趾」、土踏まずがない、あるいは浅い「扁平足」、加齢やスポーツなどで足底筋膜が炎症を起こす「足底筋膜炎」、また、最近急増しているといわれる、足の指が地面に着かず浮いてしまう「浮指」など、足元のバランスの崩れによる『ストレートネック』のタイプもあります。

4.職業病タイプ

例えば長時間スポーツをする方や楽器を演奏する方など、通常とは異なる姿勢をとることが多い方では、体つきがだんだんと変わってきて『ストレートネック』の状態になることがあります。
また、生まれつき背骨や首のアーチが浅い方も、もちろんいます。

ナチュラルボディでは、この大きく4つに分けられるストレートネックのタイプにそれぞれアプローチすることができるコースを揃えています。

整体コース』では、骨盤周りの筋肉を調整し、本来あるべきバランスを取り戻すケアを、『中足骨コース』では、足裏の自然なアーチを取り戻すケアを、そして新しい『ストレートネック対策コース』では、短い時間から受けられる専門のケアを提供しています。

それぞれのコースで体全体のバランスが整うと、理想的な姿勢を楽に保てるようになり、自然と姿勢がよくなります。

体のクセや日常の動作で、体はどうしても歪んでしまいます。
ですので、ナチュラルボディでは、専門トレーナーによる定期的なケアを受けることをおすすめしています。

ストレートネックの症状

『ストレートネック』の状態になっている時、下記のような症状があることが多いと言われています。
※このような症状があるからといって、必ずしも『ストレートネック』の状態になっているということではありませんのでご注意ください。

・頭痛、頭が痛い
・首が痛い
・上を向きにくい、首が動きにくい
・寝違いを繰り返す、枕が合わないような気がする
・めまいやふらつく感じがする
・手がしびれる
・胸焼けや吐き気がする
などの体に感じる不調の他、

・気分が落ち込む(うつ)
・自律神経失調症
のように心に感じる不調の症状もあると言われています。

また、『ストレートネック』の状態でも何の症状も感じない方もいます。
男性にも女性にもあらわれますが、最近では特に若い世代に増えてきていると言われています。

ストレートネックを簡単にチェックする方法

ストレートネックを簡単にチェックする方法

ストレートネックかんたんチェック

(1)壁に背中をつけてまっすぐ立ちます
(2)かかとを壁にくっつけます
(3)背中を壁にくっつけます
(4)あごを少し引きます

このとき、頭は壁にくっついていますか?
頭が壁にくっついていれば、理想的な姿勢が保てているといえます。

もしも壁から頭が離れているようだったら、『ストレートネック』の可能性があります。

今は『ストレートネック』の症状が出ていなくても、ぜひ日常の姿勢を見直したり定期的なケアをしたりして、いつまでも健康で過ごせるようにしたいですね。

※ナチュラルボディは治療を行う医療機関ではありません。
詳しくは専門の医療機関で受診されることをおすすめいたします。

トップへ戻る

特集

ストレートネック